地方公務員とは何か

公務員と一口にいっても種類があり、大きく区別すると国家公務員と地方公務員というのがあります。この中でも身近な職業といえるのが地方公務員です。しかし、実際にはどういう違いがあるのか、どういった職業があるのか知らないという方もいるかと思います。当サイトでは地方公務員に関連する情報を紹介しています。

地方公務員は、都道府県や市区町村などの自治体にて、地域密着型の仕事を行っています。主な職業としては、区役所や小学校や中学校の職員、警察官や消防隊員などもこれに該当します。これらは主に、公共のために仕事を行う事がほとんどで、国の通達などによって公務を行っていく事となります。対して国家公務員は裁判官などが主な職種です。

地方公務員や国家公務員に限らず、民間企業で働かれる方との大きな違いとしては、仕事をする事に関係する目的です。民間企業で働かれる方は、基本的には利益を求めて仕事をされます。飲食業はもちろん、オフィスでビジネスをされている方々も、サービスを提供したり、商品を開発して売ったりする事が行われます。

対して公務員は、国のために、国民のために役立てるような仕事をしており、利益を中心とする目的で仕事をしているわけではありません。そのために、景気に左右されにくい給料も、公務員で働く大きな特徴と言えるのではないでしょうか。当サイトではこれらのような、地方公務員に関する具体的な情報を紹介しています。気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

Comments are closed.